気持ちが落ち込んでしますうつ病はうつサプリで対策してみよう!

症状を長引かせない

錠剤

脳によい脂肪を

うつ病はなりやすい気質というものがあり、律儀で自分の生活や社会秩序などにこだわりを持ち、他人に対して献身的な人ほどなりやすいともいわれています。また、もともとストレスをため込みやすい性格の人が、いろいろなストレスの要因が重なることで引き起こすこともある病気です。特に中高年になると生活の中で喪失感を味わうことが多くなります。子供の独立による家族の喪失感や老化によるカラダの状態の衰えからくる喪失感などから非常にうつ病を発症しやすくなっています。まずは、うつな気分を長引かせないことが大事です。そこで症状を緩和させたり、予防の面でも役に立つのがサプリです。オメガ3系脂肪酸のDHAはうつ病の治療過程でとても重要な役割を果たしているとされています。DHAは神経伝達物質の受容体をつくる材料で、神経伝達機構ではとても重要な部分です。さらにDHAは神経再生を促す特徴を持っている信号物質です。そして、DHAは主に魚の油や植物などに含まれています。サケ、さば、ニシンなどの魚を多めに食べることでもDHAは摂取できますが、脂肪が多く含まれるとカロリーが高いので、胃腸障害に注意しなければなりません。そのため、サプリを活用するというのも一つの方法です。血液中のDHAの濃度というのは、うつ病を発症している人は健康な人と比べると低く、うつ病の重症度と濃度の低下は比例するとされており、血中の濃度が急激に低下することでうつ病や不眠を引き起こしやすくなるので注意が必要です。また、同じ脂肪でもコレステロールや中性脂肪があり、脂肪酸も含めて過剰摂取は肥満や動脈硬化の原因になるとされています。このうちコレステロールは脳の栄養として必要な物質です。脳でのコレステロールの働きは、神経細胞やダリア細胞の膜を作ることです。この膜は電気シグナルを外部にもらさない働きをしていますので、コレステロール不足で漏電状態になってしまうと、頭の回転が鈍くなってしまいます。加えて、男性、女性ホルモンの生成に欠かせないのがコレステロールです。生活習慣病などを考えると脂肪というのは、大敵扱いをされてしまいますが、脳の働き、特に気分の安定のためには脂肪を極端に制限してしまうのはよくありません。そのため、DHAなどのサプリを有効活用しながら、カロリーオーバーにならないように、脳にとって良い脂肪を適度に取り入れることが重要です。そのサプリの活用により、うつ状態を長引かせることを防いでくれます。

Top