気持ちが落ち込んでしますうつ病はうつサプリで対策してみよう!

心と体を健康に保つ

男性

必要な成分を上手に摂取

病院でうつ病と診断された場合、薬を処方してもらい、休息を取りながら生活環境を変えていく治療が行われます。例えば、仕事のストレスが原因でうつ病になった人は、病院から診断書を書いてもらって、部署を変わったり休職したりして、薬を飲みながら体調を整えていきます。引越しなど生活の変化がストレスになっている場合は、薬を飲みながら、リラックスできる場所を探すことでストレスを軽減していきます。うつ病は、些細なことがきっかけで発症する場合もあり、「大したことない」と自分で何とかしようとせず、専門の医師に診てもらって必要な治療を受けることが大切です。病院での治療のほかに、病気に負けない丈夫な体に体質改善することも、うつの症状を軽減するために役立ちます。うつ病は、疲労や睡眠不足などのストレスから発症する場合もあるため、普段から規則正しい生活を意識しておくことも大切です。また、うつ病の症状として、睡眠不足や食欲不振になる場合も多く、薬と一緒に、体質のことを考えたサプリメントを摂ることが効果的です。うつ病に効果があるサプリメントは数多く発売されていますが、その多くに「トリプトファン」や「テアニン」など多くの成分が含まれています。トリプトファンはアミノ酸の一つで、脳内ホルモンである「セロトニン」を生産するときの原料になると言われています。セロトニンが多く分泌されると、嬉しい気持ちや楽しい気持ちになるため、セロトニンは、脱力感や倦怠感を感じることが多いうつ病患者にとって大切な物質です。テアニンは、緑茶やウーロン茶などのお茶に含まれるうま味成分の一つで、立ちくらみや朝のだるさに効果的と言われています。うつ病の特徴的な症状の一つである、やる気のなさや脱力感に効果があると言われており、集中力の低下も改善されます。自律神経の乱れやストレスの軽減にも役立ち、安眠やスッキリとした目覚めを促すため、生活のリズムを整えることに効果的です。一日に必要な量のテアニンを摂取するためには、お茶を20杯近く飲まなければならないため、サプリメントを上手に利用することがおすすめです。GABAは、私たちの体に元々存在している、天然アミノ酸の一つで、イライラ防止や怒りを静めることに効くと言われています。GABAを摂ることで、ドーパミンなどの興奮物質の分泌を抑えることができるため、気分の浮き沈みを無くすことができ、精神状態を安定にしてくれます。ストレスを軽減することは、うつの症状を抑えて、リラックスした状態を保ってくれるため、大変効果的な成分です。このように、サプリメントには体質改善やストレス軽減に役立つ成分が多く含まれており、患者は自分の症状に合ったものを摂取することが大切です。

Top